保定装置についての解説

ホーム>保定装置について

保定装置について

保定装置について

  • 保定装置はどのくらいつける必要がありますか?
    • 装置がとれた後の歯は、何もしなければ少しずつ動いてしまいます。動かした歯を支える骨や歯周組織が安定するまで2年くらい保定装置を装着します。当院では2~6ヶ月に一度、経過観察を行います。

      Q&A
      保定装置(リテーナー)写真




最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional